地球環境研究センターニュース

RESEARCH 2019年11月号

東南アジア最大のメガシティ・インドネシア・ジャカルタ大都市圏における温室効果ガス・大気汚染物質の総合観測

西橋政秀

インドネシア・ジャワ島西部に位置する首都ジャカルタは、周辺都市を含めると約3200万人の巨大な人口を擁しており、東南アジア最大の大都市圏(メガシティ)です。近年の著しい経済発展に伴い、温室効果ガスおよび大気汚染物質の排出が増加していますが、先進国に…

REPORT 2019年11月号

パリ協定における強化された透明性報告に向けて「第17回アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ」(WGIA17)の報告

伊藤洋

2019年7月30日から8月2日の4日間にわたり、シンガポールにおいてシンガポール環境庁(NEA)とともに、第17回アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ(WGIA17)を開催しました。WGIA17には、メンバー国のうち14か国…

REPORT 2019年11月号

Future Earth、構成プロジェクトの連携で地球環境問題の解決へ—Future Earth時代における地球表層システム科学と防災・減災研究—

今井敦子

8月7日、日本学術会議講堂において、日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会、及びフューチャー・アースの推進と連携に関する委員会の主催(後援:国立環境研究所など)による公開シンポジウム「Future Earth時代における…

RESULT 2019年11月号

最近の研究成果陸域生態系モデルを活用した植林による二酸化炭素吸収量のモニタリング

宮内達也

人間社会は森林生態系から様々な恩恵(生態系サービス)を享受しています。植林を行うことにより森林減少を緩和しつつ、森林による大気からの二酸化炭素吸収を促進させることが可能です。また植林活動を他の環境政策やプロジェクトと組み合わせることで、…