地球環境研究センターニュース

REPORT 2019年2月号

地球大気化学研究の次の四半世紀を展望して 2018 joint iCACGP Quadrennial Symposium and IGAC Science Conference(地球大気化学国際会議)開催報告

谷本浩志 ほか

国立環境研究所の地球環境研究センター、地域環境研究センター、環境計測研究センターの3つのセンターの協力により、2018年9月25日から29日にかけて「2018 joint 14th Quadrennial iCACGP Symposium and 15th IGAC Science Conference」(略称:iCACGP-IGAC 2018…

REPORT 2019年2月号

SDGs・パリ協定・仙台防災枠組に対してGEOSSが貢献するためのアジア太平洋地域間協力の強化 —第11回GEOSSアジア太平洋シンポジウム参加報告—

中田幸美・三枝信子

地球観測に関する政府間会合(Group on Earth Observations: GEO)は、全球地球観測システム(Global Earth Observation System of Systems: GEOSS)の実現に向けて2018年現在で105カ国の政府および127の国際機関が任意に参加している組織です。アジア太平洋地域…

REPORT 2019年2月号

パリ協定・SDGs・仙台防災枠組の実現に向けた地球観測を考える —地球観測に関する政府間会合第15回本会合およびその関連会議(GEO WEEK 2018)参加報告—

佐伯田鶴 ほか

2018年10月29日(月)から11月2日(木)にかけて、京都市・国立京都国際会館にて、地球観測に関する政府間会合(Group on Earth Observations: GEO)第15回本会合及びその関連会議(通称GEO WEEK 2018; http://www.earthobservations.org/geo15.php)が開催され…

REPORT 2019年2月号

北海道釧路市・国立環境研究所地球環境セミナー「地球温暖化とわたしたちの将来」開催報告

宇山生朗

2018年10月27日(土)北海道釧路市の釧路地方合同庁舎にて、地球温暖化を考えるセミナー「地球温暖化とわたしたちの将来」を開催しました。本セミナーは、国立環境研究所が開催地の主体である環境省釧路自然環境事務所、北海道釧路総合振興局、釧路市、…

INTERVIEW 2019年2月号

脱炭素社会に向けて重要となる日本の貢献と非政府主体の役割 —浜中裕徳さんに聞きました—

編集局

地球温暖化・気候変動の研究者や地球環境問題に携わる方にその内容や成果、今後の展望などをインタビューします。今回は、地球環境戦略研究機関の浜中裕徳さんに、地球環境研究センター主幹の広兼克憲と副センター長の江守正多がお話をうかがいました。