Global Carbon Project Tsukuba International Office

Global Methane Budget 2020 — Press & Public conference and Scientific Forum (Aug 6th 2020)

日本語版は英語版の下をご覧ください。
See below for the Japanese version.

On July 15th 2020, The Global Carbon Project (GCP) publishes a second revision update of the global methane sources and sinks to the atmosphere that provides insights into the geographical regions, and economic sectors where the emission changed the most over recent decades.

This new global methane budget shows that the emission rate has increased by 9% (about 50 Million tons per year) between the period of 2000–2006 and the year 2017. Anthropogenic emissions appear to be the main contributors to this increase, driven equally by the fossil fuel sector (production and consumption) and activities in agriculture and waste sector.

Ten scientists from Japan are involved in this international research collaboration. They will present the research findings and share their expertise in a one-day event on 6th August 2020. The event consists of the press and public conference in the morning and a scientific forum in the afternoon. In the press and public conference (only in Japanese), the research findings will be presented in an accessible manner, suitable for anyone who is interested in the topic. The afternoon session will be presented in English and is suitable for those who would like to learn in detailed the methodology and scientific findings of the Budget. Both events are free of charge but required pre-registration (see poster).

Registration: https://bit.ly/2ZllkFZ

Methane budget access here:
http://bit.ly/2ZrmD6k
https://bit.ly/2ZsqNLb

「Global Methane Budget 2020」
報道関係者及び一般の方向けの講演会、科学フォーラム開催のご案内

下記の通り、標記講演会及びフォーラムを開催しますので、ご案内申し上げます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、今回のイベントは、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンライン(Zoom)にて開催いたします。

日時:2020年8月6日(木) 9:30〜15:30(9:15 Zoomオープン)
言語:日本語と英語
参加費:無料
参加申込:事前登録をお願いします。https://bit.ly/2ZllkFZ
ご登録後、Zoomでの参加手順をメールにてお知らせいたします。

イベントの概要:メタンは人為的な地球温暖化に対して二酸化炭素に次ぐ影響を持っており、そのグローバルな収支を理解し定量化することは非常に重要です。
国際研究プロジェクト「グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)」の研究者たちは、2020年7月15日に国際学術誌Earth System Science Date (ESSD)にて、グローバルなメタン収支に関するトップダウンと ボトムアップ手法に基づく統合解析の結果を発表しました(「The Global Methane Budget 2000–2017」)。
今回のフォーラムでは、この報告に携わった日本の研究者たちが、その内容とそれぞれの研究について詳しく説明し、パネルディスカッションを行います。この報告の意義について知り、議論する機会となりましたら幸いです。

【第1部】 報道関係者及び一般の方向けの講演会(9:30〜11:30)

言語:日本語

講演者
江守正多(NIES 地球環境研究センター 副センター長/低炭素研究プログラム総括/社会対話・協働推進オフィス代表)
遠嶋康徳(NIES 環境計測研究センター 動態化学研究室長)
伊藤昭彦(NIES 地球環境研究センター 物質循環モデリング・解析研究室長)

【第2部】 科学フォーラム(13:00〜15:30)

言語:英語

講演者
Shamil MAKSYUTOV(NIES 地球環境研究センター 衛星観測研究室 高度技能専門員)
Prabir PATRA(国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球表層システム研究センター/北極環境変動総合研究センター 主任研究員/グループリーダー代理)
遠嶋康徳(NIES 環境計測研究センター 動態化学研究室長)
町田敏暢(NIES 地球環境研究センター 大気・海洋モニタリング推進室長)
伊藤昭彦(NIES 地球環境研究センター 物質循環モデリング・解析研究室長)
丹羽洋介(NIES地球環境研究センター 物質循環モデリング・解析研究室 主任研究員)
Naveen CHANDRA(NIES 地球環境研究センター 物質循環モデリング・解析研究室 特別研究員)

開会挨拶
三枝信子(NIES 地球環境研究センター長)
春日文子(NIES 特任フェロー/フューチャー・アース国際事務局日本ハブ事務局長)
Giles SIOEN(フューチャー・アース国際事務局 研究・イノベーションチーム暫定代表)

ファシリテーター
Peraphan JITTRAPIROM(NIES GCPつくば国際オフィス事務局長)

*本会合はGlobal Carbon Project(GCP)つくば国際オフィスと国立環境研究所地球環境研究センターが主催します。

*詳しいプログラム・講演要旨については、添付のフライヤーをご参照ください。

(問合せ先)
国立研究開発法人国立環境研究所 地球環境研究センター
GCPつくば国際オフィス
「Global Methane Budget 2020」フォーラム事務局
Email: jittrapirom.peraphan@nies.go.jp, ojima.yukako@nies.go.jp
Website: http://cger.nies.go.jp/gcp/